電話番号 06-4706-5858

〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋3-2-17 緒方ビル5F

大阪市中央区 淀屋橋 眼科 高田ようこアイクリニック

  • ドライアイ
  • 緑内障
  • コンタクトレンズ
  • 眼の病気
  • サプリメント

サプリメント

加齢性黄斑変性症に対するサプリメント

加齢黄斑変性とは?

眼の奥(黄斑と呼ばれる部分)が加齢に伴う変化によって起こる疾患です。

年齢を重ねるごとに多くみられ、50歳以上の約1.2%
(80人に1人)にみられます。
加齢黄斑変性

断面図

正常はくぼんでいる黄斑。
加齢黄斑変性では盛り上がってくる。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性
 
加齢黄斑変性

正常

主な症状

中心が暗く見える
加齢黄斑変性
直線がゆがんで見える
加齢黄斑変性

先進国においても失明の主な原因の1つ
アメリカでは中途失明をきたす病気の第1位
※日本でも高齢化社会・生活様式の欧米化に伴い急増

加齢黄斑変性の治療と予防

治療について

主な治療法は
  • 抗VEGF薬治療 (お薬を眼の中に注射します)
  • 光線力学的療法<PDT>
    (光に反応するお薬を腕の静脈から投与し、弱いレーザーを照射します)
  • レーザー光凝固 (レーザー光線を照射します)

予防について

head
  • 自分で出来るチェックを定期的に行うことです。
    日頃から、片眼をふさいでモノを見て、見え方に異常がないか確認しましょう。
    また、眼科への定期検診もお勧めします。
  • 生活習慣の改善も重要(喫煙、バランスの良い栄養摂取を心がける)
  • 眼に重要な栄養素を効率良く摂取する。
格子状の表を使って確認
加齢黄斑変性・表

眼科用サプリメントご存知ですか?

『ルテイン』が含まれたサプリメントが話題になっています。ルテインとは、加齢黄斑変性の発症リスクを軽減する可能性があり、飲むサングラスとも言われ、網膜にとって必要不可欠な働きを担っています。
ルテインは網膜に多く存在する色素で黄斑色素と呼ばれ、網膜の細胞を保護しています。

ルテインとは、強い抗酸化作用を持つカルテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頸部に多く存在することがしられています。特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカルテノイドはルテインとゼアキサンチンであるため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きをはたしています。

ルテインにご興味のある方はスタッフにお尋ねください。

短波長可視光

加齢と共にルテインは減少し、普段の食生活で十分に補うのは難しい。
よってルテインが含まれたサプリメントが注目されています。

このページの先頭に戻る